膝の上で眠る。 今しか出来ないかもしれないからこそ、貴重な時間。


生後1ヵ月前後から、自己主張が入った泣き方を始めるそうな・・・。

そう言えば、最近の愛娘の泣き方が、
確実に変わってきている・・・。

最初の泣いているのは、私や嫁さんに、
何かを伝えたいから。

例えばオムツ交換(おしっこorう〇こ)や、空腹など。

その鳴き声に気付いて、私や嫁さんが近づくと、
ちょっと泣きやみそうになるのだが、すぐに抱いたりしないと、
軽いおこったかのように、1段階大きな声で泣きだすのだ(笑)

これはおそらく・・・

『 なんで、気付いたのに、すぐに対応してくれないの? 』

という、自分の気持ちに対する対応に、
満足していなくて、駄々をこねているんでしょうね(笑)

そこで、だっこしながら、

『 泣かなくても良いよ、パパもママもすぐそばに居るよ♪ 』

と、いうと、泣き止む場合もあれば、
さらに泣きだす場合もあります。

泣き止む場合は、寝て起きてから寂しくてとか、何かに驚いて、
ビックリしている場合で、抱かれたことにより、安心感で泣き止むようです。

しかし泣き止まない場合は、

『 違うって!! 腹減ったの!! 早くミルク頂戴!! 』

って、感じで不満を伝えてきているようです(笑)

まだまだ言葉を話せないので、泣くことで私たちに、
少しでも意志を、伝えようとする愛娘。

本当に必死ですし、可愛いです(笑)

そしてそんな愛娘が、お腹も満たされていて、オムツも大丈夫な時に、
ぐずって泣くことが、少しずつ増えてきました。

原因は、”寂しさ”からの甘え泣き。
抱っこすると、すぐに泣き止むのです。

でも、さすがにずっとは出来ないので、嫁さんが抱っこしたり、
私がやったりしています。

が、これだと私のやりたことが出来ません・・・。

なので、最近はあぐらをかいた上に、愛娘を寝かせて、
眠らせるようにしています。

すぐに寝ない時もありますが、基本的にはおくるみのように、
身体に布団を巻き付けて、寝かせるので、温かくなってくると、
睡魔が出てきて、膝の上で寝だします。

そして完全に寝たら、そっとクーファンやベビーベットへ、
寝かせるのです。

でも膝の上で、気持ち良さそうに寝ている愛娘を見ると、
しばらくそのままにして、PC作業をしています(笑)

大きくなったら、膝の上で寝るなんて、しなくなるんだろうな・・・。

そう考えたら、少しでも長く寝かせてあげようかな・・・なんて思ったり(笑)
もうすっかり親バカですね(笑)

でも、ほんと気持ち良さそうに、寝ている愛娘の顔を見ると、
親になった実感と共に、頑張って、この子を育てなきゃ!!
と、改めて思います。


嫁さんと一緒に協力し合って、頑張って育てます♪



にほんブログ村




この記事へのコメント

スポンサーリンク